クワガタ、カブトのオリジナル用品をメインに生体も販売!
since 1998
ホーム | 生体 > 外国産クワガタ幼虫メルキオリティスフタマタクワガタ幼虫
商品詳細

メルキオリティスフタマタクワガタ幼虫[菌糸ボトル(1頭入り)]

販売価格: 1,296円 (税込)
[在庫なし]
Hexarthrius melchioritis

メルキオリティスフタマタクワガタ

産地;ミャンマー サガイン

フタマタクワガタの亜種になりますが、ひと言にフタマタと言ってもインドネシアの島しょ部を中心に生息するマンディブラリス、リノケロス、パリー(セアカ)らと北東インドからミャンマー北部に生息するフォルスター、ムニスゼッチ、メルキオリティスらは大別した方がいいでしょう。
本種を含む後者3種は形状や大きさも似たり寄ったりですので、どれがいいかは個人の好みに左右されます。
ただし飼育、産卵方法はいずれも大差はなく産卵に関してはやや気まぐれな側面もありますが幼虫飼育に関してはさほど難易度は高くありません。

幼虫飼育は基本的にマットでも菌床でも対応可ですし、菌床もヒラタケ、オオヒラタケ、カワラタケどれでも使用できます。
ただ色虫ということでカワラタケを使うのが一般的ではありますが若齢幼虫の場合、鮮度が新しい菌床に投入すると上手く馴染めずに穿孔せずに最悪投入した場所で死亡することもありますので熟成した菌床を使うか心配な場合はオオヒラタケ等の菌床を使うほうが無難でしょう。
幼虫期間は6〜10ヶ月程度で冬季でもある程度の低温耐性はありますが野外のような極端な低温は避けたほうがいいでしょう。
高温で飼育すると早熟になり大型化しない場合があります。
マット飼育の場合は発酵マットを使いますが安定して大型を狙う場合は菌床のほうに利があるようです。

※ 在庫に関しましては店頭でも販売しているため必ずしも在庫数がリアルタイムで反映されないことがあります。販売数が少数の商品や「残り僅か」の表示がある場合はご注文前にあらかじめ電話でご確認いただくことをお勧めいたします。また直接電話(メールは不可)でのご注文もお受けいたします。
備考
種親データ:♂親;71mm、♀親;40mm
幼虫データ:CBF2、‘15.11月時点で初〜2齢、♂♀未判別、購入時期によっては加齢、蛹化しています。
割り出し日:‘12.11月
飼育床:カワラタケ菌床クリアボトル(830ml)入り
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス