クワガタ、カブトのオリジナル用品をメインに生体も販売!
since 1998
ホーム | 生体 > 外国産カブト幼虫ウガンデンシスオオツノカナブン幼虫
商品詳細

ウガンデンシスオオツノカナブン幼虫[ブルー×ブルー]

販売価格: 1,296円 (税込)
[在庫なし]
Mecynorhina torquata ugandensis

産地;ウガンダ産

※前ロットは完売につき新ロットです。

販売の幼虫の親は♂ブルー×♀ブルーですが必ずしも次世代がブルーの発色になるとは限りません。
また、オス親は81mmの超大型個体で次世代も大型が狙えます。

画像はイメージ個体です。
和名ではカナブンとありますがハナムグリの一種です。
過去にアフリカ産のハナムグリやカナブンがブームになったときもありましたが、その後はブームの終息と共に流通数もかなり減りました。
いわゆるジュエリービートルの一種で綺麗なことと飼育がいたって簡単なことから愛好家の間では現在もポピュラーで人気の高い種です。
ハナムグリの最大種であるゴライアスと似ていますがひと回り小さいです。小さいといっても大きい個体では80mm前後になり十分見ごたえがあります。
また色彩変異も多彩で必ずしも親と同色が出ないことも楽しみの一つです。ブラックに近い個体からブラウン、パープル、ブルー、グリーン、オレンジ、レッド等カラフルな個体は見ていて飽きません。(※ただし色に関しては画像で見るほど肉眼では鮮やかには確認できませんのであしからず。)

幼虫飼育に関しては他のカナブンやハナムグリとほぼ同様で特に神経質になる必要はなく一般的な発酵マット(使い古しの埋め込みマット等でも可)を使用すれば問題ありません。またマットの交換も最小限で済むことから入門者にも簡単ですが大型の個体を羽化させるにはやはり1リットル以上の容器が望ましいです。
共食いの可能性がありますので多頭飼育の場合は要大型容器です。
10ヶ月〜18ヶ月程で羽化しますが蛹化時は独特の繭玉を作りますので羽化後、早期に繭を壊すと個体が弱りますのであまり触らない方がいいでしょう。
冬季も低温にはかなりの耐性がありますが、やはりスムースな生長のためには暖房設備のある空間で保管しましょう。


※ ♂♀未判別になりますのでご指定にはお応えできかねますことをご容赦願います。

※ 在庫に関しましては店頭でも販売しているため必ずしも在庫数がリアルタイムで反映されないことがあります。販売数が少数の商品や「残り僅か」の表示がある場合はご注文前にあらかじめ電話でご確認いただくことをお勧めいたします。また直接電話(メールは不可)でのご注文もお受けいたします。
備考
種親データ:♂;81mm、♀;63mm、♂ブルー、♀ブルー系(画像は参考。)
幼虫データ:CBF2、初〜2齢♂♀未判別(購入時には加齢していることがあります。)
割り出し日:‘14.11月
飼育床:発酵マット、クリアーボトル(830ml)入り。容器は変更になることがあります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス